紫外線殺菌に使われる紫外線波長

   
 

 紫外線殺菌に使う 紫外線の波長・種類


UVを技術利用する場合、紫外線ランプごとに発生する紫外線波長が違い、
また、それぞれの紫外線波長によって用途が分かれ、 紫外線殺菌には
254nm(ナノ・メートル)の波長を出す「低圧水銀UVランプ」が主に使用されます。
紫外線と同時にオゾンガスでの殺菌をする場合は、254nmに加えて185nmの波長も
同時に出せる「オゾン・ランプ」を使います。



--------------------------------------------------------------------

紫外線は 可視光(紫色:約380nm*〜赤色:780nm)より波長が短い光線で、
人の目には見えません。紫外線ランプの青白く見える光は『可視光』で、
そこに『目に見えない紫外線』 が混ざっています。

「目に見える光の範囲」は生物の必要性で異なるだけで、紫外線・可視光・電波、
いずれも波長域は違いますが「電磁波」です。

(現代科学では「電磁波の一種が光として、人の目で見ることができる」 と定義されています。)

電磁波は波長が短いほど、一定の長さの中で活発に振幅します。 
紫外線には「波長が短い=活発に動く=強いエネルギーをもつ」という特徴があり、
紫外線のエネルギーは 多くの有機化合物の結合力(エネルギー)より強いため、
物質分子の結合をほどく、生物のDNAを損傷/修復する、細胞膜を壊して殺菌する、など
環境にダメージを与えない殺菌法として紫外線が活用されています。

紫外線殺菌装置 UV殺菌装置の知識

紫外線照射装置・UV照射装置 紫外線の技術と装置のマリオネットワーク INDEXへ戻る



 
 

紫外線照射装置 UV照射装置のマリオネットワーク 連絡先 :環境事業部門  お問合せ・連絡先:有限会社マリオネットワーク 環境事業部門

紫外線照射装置、UV照射装置のマリオネットワーク tel: 045-543-9437

メール catch@m-n-w.com