UV塗装 >UV塗装で使用されるUV塗料と、その供給

紫外線照射装置、UV照射装置のマリオネットワーク  UV塗装 | 紫外線波長 | UV照射装置 | HOME | 会社案内 |
 このページについてのお問合せ先 : マリオネットワーク 環境事業部門 / TEL:045-543-9437

 

 


6:UV塗装で使用されるUV塗料と、その供給(2)

UV塗装で注目すべき動向のひとつに「現場施工」があります。
これは施工現場でUV塗装を行うもので
すが、その普及を妨げている大きな問題が3点あります。



(1)現場用の優れたUV塗料が一般販売されていない。

UV塗料の製造は、大手塗料メーカーやケミカルメーカーなど多数が手がけていますが、
総じて、簡単には販売してくれません。

その理由はメーカーにとって、「ダメージはあっても、メリットがない」
からに他なりません。
弊社の顧客様に、現場施工用塗料を過去に試作した大手塗料メーカーもあり、話を聞いてみました。


販売しない理由は
1.「塗装の失敗が多く、その責任を塗料メーカーに負わせようとする」
2.「理不尽なクレームは多いが、塗料の消費量は極めて少ない」
という2点に、最終的に要約されました。

1の問題は一概に施工者だけが悪いのではなく、以下2点の問題も関わっています。



(2)せっかく購入したUV照射装置が、使い物にならない。
弊社はUV照射装置の専門企業で、UV塗料メーカーにUV塗料の開発・硬化実験用の装置も販売していますが、
一般的に「UV塗装用」として販売されている装置の価格は弊社装置の1.5〜3倍のものが多く、
そのように高額な設定にもかかわらずスペック不明で、低性能・修理も困難な外国製品も多く混ざっています。

これは販売する側が、専門外のUV装置に手を出した結果で、購入した装置が使い物にならず休業状態になっている施工者も多く、
またフランチャイズをうたう販売元で、3店舗しか傘下店が生き残っていないケースもあります。

こうした粗悪な販売店を見抜くポイントは、電話 ( 045-543-9437 )で
お問合せ*いただけばお教えいたします。
*この質問にはメール対応いたしておりません。



(3)技術がうまくいかない。

「誰でも簡単にできる」と、アドバイス無しでスタートしたり、「高額な講習を受講したのに日曜大工本に書いてある内容だった」と
いうケースもあります。またその主催側もUVの知識が無く、それでOKと思い込んでいる始末の悪いケースもあります。

弊社では以上3点の課題全てをクリアした「UV塗装スタート支援プラン」を完成させました 。


>>7:UV塗装スタート支援プランへ



 カタログ・見積請求 /UV照射装置の選択に関するご相談・お問い合わせ / 導入前の確認実験 等、

    


 までメール/お電話下さい。
 


Copyright©2001-2018 Marionetwork All Rights Reserved.