ミネラルウォーター製造装置
水殺菌装置/ボトル殺菌洗浄装置/充填機/殺菌キャッパー/シュリンク装置など

 [ミネラルウォーター製造に必要な 装置1台からプラント設備一式までご用意いたします]





少量生産用のミネラルウォーター製造装置から 大型全自動プラントまで、
ミネラルウォーター製造装置はお任せください。

低予算のミネラルウォーター製造プラント/装置等、お気軽にご相談ください。
プラント完成後に生産が軌道に乗るまで、現地での操作指導も行います。



初めてミネラルウォーター製造を検討されるお客様にもご納得いただける、
予算の無駄を省いた、お客様個々に必要な装置/プラント設備をご提案いたします。

「業者にしか通じない専門用語は一切使わない」説明をさせていただきます。
ミネラルウォーターの事業化を思い立ったら、お気軽に弊社へご相談ください。

 

 

 [採算の採れるミネラルウォーター製造装置をご提案いたします。]

 

月産10万本(500ccボトル)までのミネラルウォーター製造プラントなら
ご予算1000万円台で設備一式ご用意いたします*
*必要な装置を全て含んでいますので、「XX装置は別途」という見積りを弊社はいたしません。
 
月産 10万本〜30万本/50万本/100万本/150万本/200万本/300万本〜3000万本まで、
ミネラルウォーター製造プラントの規模に応じた、製造装置ラインナップをご用意しています。


店舗販売 /自販機 /ガロンボトル宅配 /通販 /ホームサーバーデリバリー /紙製パックなど、
各種形態のミネラルウォーター製造に必要な装置/設備、安価なキャップ&ボトル、ラベル、
御社名入り外箱、炭酸水製造装置まで、全てお気軽にご相談ください。

 

 [豊富な製造プラント立ち上げ経験」「最新の技術知識」でお客様をサポートいたします。]



ミネラルウォーター製造プラントのエキスパートが、お客様のご要望に対応いたします。


ミネラルウォーター製造プラント全体を自動装置で構成するとスピードアップ(生産量の増加)、
人件費コストの削減、 衛生管理でメリットもありますが製造プラントの装置コストは高くなります。

・創業時や、生産量の少ない「オリジナルブランド」を立ち上げる場合などは、
製造工程の一部に手作業を取り入れることで製造プラントの初期投資額を抑える
ことができ、地域雇用の創生といったメリットも生まれます。

 

「小さく産んで、大きく育てる」ビジネスのアシストチームとしても弊社をご活用ください。

ミネラルウォーター製造用の装置1台から、製造プラントの設計〜 設置(海外工場含む)まで、
ミネラルウォーター製造プラント/製造装置のことなら全て、お気軽にご相談ください。

 

ミネラルウォーター製造プラントのトラブル(装置乗り継ぎ時の、高さや速度差によるボトル転倒・詰まり・
故障による製造中断、菌混入事故等々)を回避するためには、個々装置の仕様・性能を把握して、
トラブルの原因を最初から排除した装置選定・ライン構成の組み立てが必要です。
弊社は一環ラインを多数手がけてきており、お客様を複雑な性能・仕様選択の煩わしさから解放いたします。

ミネラルウォーター製造設備の他、製造に必要な衛生基準のクリア方法の指導、
製造プラントの装置レイアウトまで、安心してお任せください。


 マリオネットワークのミネラルウォーター製造装置 / プラント 導入メリット


ミネラルウォーター製造上の命、「おいしい水」を守ります。

ヨーロッパのミネラルウォーター製造メーカーは、水に含まれている自然成分をできるだけ残すために
ろ過を最小限にとどめています。

日本でも人気の主流は非加熱処理製品になっていますが、除菌のためにミネラルウォーターに含まれている
ミネラル成分まで取り除くろ過や、ミネラルウォーターの風味を変えてしまう煮沸を行う、旧式の製造装置/
プラントがまだ販売されています。今からミネラルウォーター製造設備を揃えるのに、燃料代や無駄な
消耗品コストの多い、昔の製造装置を導入する必要はありません。

弊社の殺菌技術監修は、国立大学助教/博士号取得者が行っており、ミネラルウォーターの味を生かす
ために自然成分は失わず、同時に高度な殺菌を行うミネラルウォーター製造方法を確立しています。

・最新技術による高度殺菌システム(厚労省基準クリア:腸球菌殺菌率*99.999%)
・最高の衛生安全を確保したうえで、ボトルにナチュラル・ミネラルウォーターと表示できます。
・ミネラルウォーター製造ライン全体も、 熱や薬液に頼らず殺菌します。


定期的に行うべきミネラルウォーター製造プラントの配管洗浄にも、弊社設備なら薬液は無用ですので、
薬液がミネラルウォーターに残留したり、ミネラルウォーターへの薬品のニオイ移りも一切ありません。


黄桜酒造様・サントリー様等、酒造メーカーの原料水殺菌装置も長年にわたり納めてきています。
ミネラルウォーター製造プラントの殺菌技術・装置のことは弊社にお任せください。

 

*安全の考え方として、例えば海外製の殺菌装置の多くは90〜99%の殺菌性能しかありません。
しかし厚労省基準は99.999%殺菌(99%殺菌と比較して1000倍の性能)で、この基準はレベルとして

「ほぼ安全」ではなく「万全」を求めていることを示しています。


 

ミネラルウォーター製造プラントと構成装置

 

(写真:ボトル製造装置〜独立クリーンブース式洗浄/充填/キャップ締結装置 500mLx20,000本/時間 用 ) 



       ペットボトル成型           エアー搬送     ボトル洗浄〜充填〜キャップ取り付け
ミネラルウォーター 製造 装置
 

     段ボール箱詰め〜パレットに搭載         ラベル貼りつけ              ユーティリティ

作業効率が大幅にアップします
・製造速度の大幅アップ
・各種サイズ容器への切替え時間の大幅短縮
・製造プラントの配管洗浄の時間・労力・コストを低減化
・製造ライン上の各種トラブルの減少


<商品経路装置>
・PETボトル製造装置〜AIR搬送装置〜リンサー装置(ボトル洗浄装置)〜キャップ締め装置
〜ラベル印刷・貼りつけ装置〜賞味期限印字プリンター〜段ボール箱組み立て装置
〜段ボール箱詰め装置〜パレット搭載装置(シュリンク装置付き)

・新規に小規模でスタートする場合は、ボトルとキャップは購入して、
 それぞれの装置も半自動(手でセットする)にします。

<殺菌関連*>
ボトル殺菌装置/ボトル洗浄殺菌装置/工場空気殺菌装置
バイオクリーンルーム/クリーンルーム用除菌フィルター付き換気扇/
キャップ殺菌装置/製造経路定期・定置洗浄用装置(CIP洗浄)/日常殺菌洗浄用水装置

*厚生労働省は食品衛生法の改正などに伴い、HACCP (=「危険度分析に基づく衛生管理」:ハセップ
またはハサップと呼びます)の導入を義務化する方針が固まっており、ミネラルウォーター製造プラントも
その対象になっています。

弊社はミネラルウォーターの他、食品、酒造、医薬・医療品等各メーカーの製品製造用から施設衛生用まで、
HACCP対応装置を多数納めてきています。



<その他 食品製造関連>
食品用ポンプ/洗浄用殺菌水装置(無残留性)/衛生コンベア/バイオクリーンルーム空気殺菌装置など



ミネラルウォーター製造ライン内にIoT技術を組み込み、部品交換や調整が必要な部分の発見〜
メーカーとの自動通信/遠隔調整など、故障リスクを大幅低減させるシステムもご用意しています。




ミネラルウォーター の参考知識


ミネラルウォーターとは

ミネラルウォーターとは 「地下水を原水とする容器入り飲料水」のことです。

欧米ではミネラルウォーターといえば炭酸水を指すことが多く、
炭酸抜きの水は炭酸水と対比して スティルウォーター(still water:
水面が動かない水)、あるいは Water without gas ともいいます。

日本のように「ミネラルウォーター=炭酸抜き」の製品を指す人々も存在するため、
欧米でも、発泡ミネラルウォーターをスパークリングウォーター(sparkling water)
と呼ぶ場合もあります。


また水の硬度*が低いものは軟水、高いものは硬水と呼ばれ、一般的に軟水のほうが
飲みやすいとされており、マグネシウム含有量が高くなると苦みが強くなります。
ヨーロッパの地層には石灰岩が多いため、硬度の高い水が多く、日本では一般的に
「非アルカリ岩」 と呼ばれる、ナトリウム量が少ない岩石が多い結果、硬度の低い水が
大半を占めています。


*水の硬度とは、1リットルの水に含まれるカルシウム (Ca) 塩やマグネシウム (Mg) 塩の量を
炭酸カルシウムに換算(mg単位)した数値で示したアメリカ基準です。
水の成分表から、<カルシウムX 2.5 + マグネシウム X 4.1 (単位:1リットルあたりmg)=水の硬度>
として、硬度は簡単に計算できます。

 

0〜60未満:軟水、
60〜120未満:中程度の軟水(中硬水とも)
120〜180未満:硬水
180以上:非常な硬水 とWHOの基準では決められていますが、
日本では100以下を「軟水」、100以上を「硬水」と区別することも多いです。



**シリカ分が一日の摂取必要量を満たす水や、微量ラジウムを含む水、飲用温泉水など、
弊社がミネラルウォーター・プラントを手掛けさせていただいた御客様にも特徴的な製品が多々あり、
日本全体では現状1000種類以上の商品が販売されています。


ミネラルウォーターの歴史と、
ミネラルウォーター製造ビジネスの現状

17世紀にイギリスで美味しい地下水を瓶につめて販売したのがミネラルウォーターのはじまりとされ、
19世紀以降には「水道よりも安全な瓶詰め水」として広く普及しました。


日本では、明治時代に宮内省が建てた炭酸水製造工場が民間に払い下げられ、

1884年に炭酸水の瓶詰めを発売したのがミネラルウォーター製造の始まりとされています。

ミネラルウォーターの国内生産統計では1990年には約15万kL(キロリットル)であったものが、
2017年には国内製造と輸入品を合わせて約260万kLと、およそ24倍に増えており、近年では
災害時の備蓄需要も増しており、
海外からの日本製ミネラルウォーターの買付けも増え続けています。

また甘味料や糖質の制限など、健康志向の高まりもあって消費量が増大するに伴い、店舗販売 /自販機 /
ガロンボトル宅配 /通販 /ホームサーバーデリバリーなど販路も多様化、ノベルティや記念品などにも
ミネラルウォーターが採用されており、様々なボトル素材・形状・デザインの製品が製造されています。

 



一方、国土の34%でしか安全な飲み水が出ない等で絶対的水不足な国、衛生度の低い水プラントの
多い国、都市化・工業化の進行に水需要が追いつかない国などからの「安心できる 日本製ミネラル
ウォーター」・「日本規格のミネラルウォーター製造装置/プラント」の需要は増加傾向にあります。

しかし日本国内に目を向けると、日本は食料自給率40%以下で、農産物の多くも輸入に頼っており、
「それらを国内で作るなら、どれほどの農業用水が必要だったか」という観点(バーチャル・ウォーター)で
観ると、日本は「水の大量輸入国」であり、海外の農産品が日本に入らず自給しなければならない事態が
起きると、日本は食糧難と同時に水不足の状態にもなってしまいます。弊社はダムからタンクまでの貯水殺菌、
農業・水産業向け水殺菌装置も取り揃え、小規模から大規模まで各種の水資源開発に取り組んでいます。


地球規模で二酸化炭素(CO2)
排出量は落ち込む気配がないため地球温暖化はこれからも進み、
日本の夏は5月から10月までになるかもしれません。熱さ対策としてもミネラルウォーターの需要は
国内・国外とも確実に増大します。需要に応えて安全な水を供給するには プラント設備が不可欠です。

弊社では常時、相談窓口を開いています。お気軽にご相談ください。

 

 

(2020年7月7日更新)