コンベアUV照射装置

照射幅・ワット数・ランプ種類で選べる、コンベア付きUV硬化装置です。

 <各コンベア付きUV硬化装置の詳細説明は、写真のクリックでご覧いただけます>

 

 コンベア付きUV照射装置 : CMCFシリーズ 

1:照射幅からお選びください
①50~100mm ②150mm ③250mm ④400mm ⑤600mm ⑥1000mm以上*
*1100~1400mm幅対応の コンベア付きUV照射装置もご用意しています           

2:照射パワーからお選びください
ランプ総ワット数/ ランプ発光長 (照射パワー)/ UVランプ本数

① 1.5kW   100mm(140Wx10cm)  1.5kW x 1灯
② 2.4kW   150mm(160Wx15cm)  2.4kW x 1灯
③ 3  kW   250mm(120Wx25cm)  3  kW x 1灯
④ 10 kW   400mm(120Wx40cm)  4.8kW x 2灯
⑤ 15 kW   600mm(120Wx60cm)  7.5kW x 2灯
⑥ 28 kW  1200mm(116Wx120cm)  14kW x 2灯

  *68kW (17kWx4灯)型までご用意、灯数の増・減も可能です

   *UVランプはメタル・ハライドUVランプ /高圧水銀UVランプ からご選択
  
  ランプ種類の選択、必要ワット数・UV強度など、お気軽にご相談ください

◆ 高品質設計+充実機能: コールドミラー&コールドフィルター標準搭載  

 ・コールドミラー & コールドフィルター を標準搭載*
 (*100幅装置は冷却フィン付きミラー搭載、コールドフィルターはオプション)

 ・出力調整・速度調整機能付き /ランプ冷却ブロア内蔵

・全機種にアワーメーター搭載(1灯ずつ独立管理・制御)

・コンベア速度は、デジタル表示で低速から高速まで適正管理できます。

コンベアベルトは、耐熱、耐紫外線、耐荷重仕様。光漏れも防ぎ安心です。

 ・弊社小型コンベアUV硬化装置は100Vまたは200V単相電源で使用できます。
大型コンベアUV硬化装置は200V3相仕様になります。

● 弊社では個々のお客様のご使用条件に最適な機種のご提案、
個別の仕様変更、海外向け電圧調整、カスタム製作も行っています。

UV樹脂/UVインキの硬化条件、ワーク・サイズ、1日の希望処理ワーク数など
お知らせ下されば、最適の装置をご提案させていただきますので、
UV硬化装置の導入を、スムーズに、安価にご実施いただけます。


● はじめてUV硬化装置を導入されるお客様、多様な条件に対応できる
実験用カスタムUV装置や クリーンルーム仕様・低酸素化/窒素パージ等
特別な機能の追加をご希望のお客様も、お気軽にご相談ください。

  説明担当者が常駐しています。ご質問にその場でお答えいたします。

◆ 様々な分野/用途に対応、高品質で低価格です

DIC様、十条ケミカル様、カシュー様、トーヨーケム様などインキメーカー、
キヤノン様、Fフイルム様、HOYA様、三菱樹脂様、アムコー岩手様、
松浪硝子工業様、ホプニック研究所様、トッパンプロスプリント様 など、
光学・樹脂・フイルム・半導体・精密ガラス・UV印刷関連の高度な生産/
先端研究開発にご採用いただいています。

*海外拠点用UV装置もご用意しています。輸出手配もお任せください(無料)。
非該当証明も即日発行可能です。

 

CMCFシリーズの他にも、用途やスペースに合せて様々なタイプもご用意しています。

-     コンベア UV照射装置     卓上コンベアUV照射装置       コンベアUV硬化装置
コンベア付き自立型    コンベア付き卓上型      カスタム設計例 (左右照射型)  

照射条件・オリジナル仕様のご要望・ご予算など、お気軽にご相談ください。

 

<CMCFシリーズ・ラインナップ詳細>

 

1.5kWコンベア付きUV照射装置

 高出力・高機能でコンパクト (コンベア・灯具・電源・ブロア 一体型)

 

コンベア式UV照射装置 100mm幅用 1.5kW装置

装置サイズ : 本体 W352 × L600 × H383(mm)
一次側電源 :単相 200V 50/60HZ 6A
 


照射巾 100mm
UVランプ出力 1.5kW:140W/cmのハイパワーランプ搭載
UVランプの種類 1.5kWメタルハライド/高圧1.5kWランプ(選択可)
出力調整 無段階30~100%
ランプ本数 1灯 (アワーメーター付き)

通過ワーク高さ:30mm(変更可)
ランプ高  ベルト面から85mm
*UV照度はランプ出力調整(30~100%)にて調整可能
ドイツ製冷却フィン付きアルミミラー標準搭載
特に熱影響を受けやすいワーク向けにクォーツコールドフィルター
(オプション)もご用意しています。

コンベアスピード: 2~16m 無段階変速 デジタル表示
コンベアベルト:耐UVステンレス・メッシュベルト
ワーク吸着機能付き

 

メタルハライド2.4kWコンベア付きUV照射装置

 置き場所を選ばない! コンベア/電源セパレート式

コンベア式UV照射装置 150mm幅用 2.4kW装置
装置サイズ : 本体 W380 × L750 × H480(mm)
電源  : W380 × L645 × H520(mm)
一次側電源 :単相 200V 50/60HZ 25A 2.6kw
 

製品有効巾 150mm
UVランプ出力 2.4kw  160W/cm
UVランプの種類 メタハラ
出力切替 3段階:50/75/100 %
ランプ本数 1灯 
(アワーメーター付き
通過ワーク高さ:35mm(変更可)
ランプ高  ベルト面から:100mm
コンベアスピード: 2~12m 可変  スピード範囲の仕様変更可
コンベア標準ベルト:フッ素加工ファイバーグラス製

フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品も、
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付きで安心です。

 

 

メタルハライド3kWコンベア付きUV照射装置

置き場所を選ばない! コンベア/電源セパレート式

コンベア式UV照射装置 250mm幅用 3kW装置

装置サイズ: 本体 W380 × L750 × H480(mm)
電源部: W380 × L645 × H520(mm)
一次側電源:単相 200V 50/60HZ 25A 3.2kw
 

 

製品有効巾 250mm
UVランプ出力 3kw  120W/cm
UVランプの種類 メタハラ
出力切替 2段階 50/100 %
ランプ本数 1灯 
(アワーメーター付き
通過ワーク高さ:30mm(変更可)
ランプ高さ ベルト面から:100mm
コンベアスピード 2~12m 可変  スピード範囲の仕様変更可
コンベア標準ベルト:フッ素加工ファイバーグラス製

フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品にも、
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付きで安心です。

 

 

メタルハライド10kWコンベア付きUV照射装置
(3灯:15kWに増灯も可能です) 

メタルハライド10kWタイプ(15kWに増灯可)
(400mmワーク対応)

装置サイズ:W850 × L1800 × H1788(mm)ダクト含
一次側電源:3相 200V 50/60HZ 58A 10kW



装置は、コンベアと電源装置の一体型になっています。


製品有効巾 400mm
UVランプ/出力 4.8kw x 2灯(10kW) または 3灯(15kW) / 120W/cm
UVランプの種類 メタハラ
出力切替:3段階:50/75/100 %
ランプ本数 2灯(2灯独立制御+各
アワーメーター付き
通過ワーク高さ:50mm(変更可)
ランプ高さ調整巾 自由設計。標準は100mm (距離デジタル表示)
コンベアスピード 2~12m可変  スピード範囲の仕様変更可
インバーター制御 / スピード調整をデジタル表示で行えます

フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品も、、
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付きで安心です。

ランプハウジングの熱を、より効率良く排出する強力空冷システム搭載。
標準ベルトは、フッ素加工されたファイバーグラス製です。
さらに熱と重量に強い金属製ベルトも取付け可能です。

 

メタルハライド15kWコンベア付きUV照射装置

メタルハライド15kWタイプ(22kWに増灯可)
(600mmワーク対応)

装置サイズ:W1000 × L1800 × H1788(mm)ダクト含
一次側電源:3相 200V 50/60HZ 90A 15.5kW

装置は、コンベアと電源装置の一体型になっています。

製品有効巾 600mm
UVランプ/出力 7.5kw x 2灯 / 120W/cm
UVランプの種類 メタハラ
出力切替 3段階:50/75/100 %
ランプ本数 2灯(独立制御+各アワーメーター付き
通過ワーク高さ:50mm(変更可)
ランプ高さ調整巾 自由設計。標準は100mm (距離デジタル表示)
コンベアスピード: 2~12m可変 スピード範囲の仕様変更可
インバーター制御 / スピード調整をデジタル表示で行えます


フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品にも、
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付きで安心なうえ、
ランプハウジングの熱を、より効率良く排出する強力空冷システム搭載。

標準ベルトは、ワークを傷つけないフッ素加工ファイバーグラス製です。
さらに熱と重量に強い金属製ベルトも取付け可能です。

 

メタルハライド28kWコンベア付きUV照射装置

メタルハライド28kWタイプ(高圧ランプ選択可)
(1150mmワーク対応)
装置サイズ:L2445mm × W1,569mm × H2,114mm

一次側電源:3相 200V 29kw 140A
(ブレーカーは、175A 以上を取付ください)

装置は、コンベアと電源装置の一体型になっています。

製品有効巾 1150mm
UVランプ/出力 14kw(ランプ長1245mm) x 2灯
UVランプの種類 メタハラ /高圧水銀ランプ・タイプも選択可
出力切替 3段階:50/75/100 %
ランプ本数 2灯(独立制御+各アワーメーター付き
ランプ高さ調整巾 自由設計。標準は100mm デジタル表示
コンベアスピード: 5~40m可変 インバーター制御
スピード調整をデジタル表示で行えます

ワーク固定は、真空吸着方式です。
標準ベルトは、フッ素加工ファイバーグラス製です。
さらに熱と重量に強い金属製ベルトも取付け可能です。

フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品も安心な
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付き。また、ランプの熱を、
より効率良く排出する強力空冷システムも搭載。

 

メタルハライド18kWコンベア付きUV照射装置

メタルハライド18kWタイプ(高圧ランプ選択可)
(1100mmワーク対応)
装置サイズ:L4,000mm × W1,600mm × H1,178mm

装置サイズ:L4,000mmのうち400mmは、印刷機との
連結を容易に行い、スムーズにワークを受け入れる
ための折り畳み部400mmを含みます。また、
製品冷却用スペース:1,000mmも含みます。 

一次側電源:3相 200V 29kw 140A
(ブレーカーは、175A 以上を取付ください)

装置は、コンベアと電源装置の一体型になっています。

製品有効巾 1100mm
UVランプ/出力 9kw x 2灯
UVランプの種類 メタハラ /高圧水銀ランプ・タイプも選択可
出力切替 3段階:50/75/100 %
ランプ本数 2灯(独立制御+各アワーメーター付き
ランプ高さ調整巾 デジタル表示
コンベアスピード: 5~40m可変 インバーター制御
スピード調整をデジタル表示で行えます

ワーク固定は、真空吸着方式です。
標準ベルトは、フッ素加工ファイバーグラス製です。
さらに熱と重量に強い金属製ベルトも取付け可能です。

ランプハウジングの熱を、より効率良く排出する強力空冷システム搭載。

フィルム・樹脂製品等の熱による影響を受けやすい製品にも、
クォーツコールドフィルター+コールドミラー付きで安心です。

<UV照射装置(UV硬化装置)の仕様を ご選択いただくために>

<コンベアUV硬化装置の機能説明/選択のポイント>

*各項目のクリックで説明(当ページ最下段)へジャンプします 

<UV硬化・乾燥に必要な光の量と時間>
UV塗料・樹脂の硬化時間は、「紫外線の強さ(=UV照度)x照射時間=紫外線量」 に比例します。

UV露光量(単位はmJ/c㎡)=UV照度(mW/c㎡)×照射時間(sec)

硬化に必要なUV露光量はUV樹脂・UV塗料ごとに決まっていますので、
UV露光量の不足による硬化不良を起こさないように、最もUV照度の低い箇所(=ワークの両端)
にあわせて照射時間などを設定します。

<UVランプのパワーと照射距離/均整度について>
紫外線(UV)ランプは、ランプの両端は光らないので、その部分を除いた「発光長」という表現を使います。
照射したいワークの幅より発光長が短いランプの場合は、照射距離を離して、光の届く範囲を広げて
ワークに光が行き渡るようにしますが、距離を離した分だけ、ワークへのUV照度は落ちてしまいます。
図6は1kWランプの例です。ランプからの距離により、どれくらいUV照度が違うかが判ります。

<UVランプの照射均整度>
また、ランプ中央の真下は、ランプの左右からの光も差し込むためUV照度が高くなり、
逆にランプ中央から左右に離れるほどUV照度は低くなります。
さらに、ランプの長さを越した部分へのUV照度は急激に落ちていきます。

日本のメーカーの大半がワーク幅より短いランプを採用していますが、弊社CMCFシリーズは
ワーク幅より長い発光長のランプを標準搭載しており、「高出力照射+高い照射均整度」という
理想を実現しています。

<高圧水銀ランプとメタル・ハライド・ランプの違い>
高圧水銀ランプ、メタル・ハライド・ランプとも、
UV硬化樹脂、UV塗料などの硬化・乾燥に使用されています。
高圧水銀UVランプは主波長365nmの紫外線を発生させ、メタル・ハライド・ランプは200nm~400nm以上の
連続した波長を発生させます。

高圧水銀UVランプとメタル・ハライド・ランプのどちらを選ぶかは、UV樹脂・UV塗料側の要求にもよりますが、
メタル・ハライド・ランプは連続したUV波長を発生させるため、「高圧水銀UVランプではカバーできないケース」
にも対応でき、汎用性に優れています。具体的には以下のようなケースでメリットがあります。

① 365nm以外のUV波長に反応する素材へのUV照射
② 色のついた素材(=素材の色によって紫外線の吸収波長は異なる)へのUV照射
③ 内部までUVを浸透させる必要のある素材へのUV照射や、塗膜が厚い場合
④ 強い照射エネルギー(UV照度)が必要な場合

<集光ミラーと拡散ミラー>
UVランプはミラーと組み合わせて使います。「ミラー有り」と「ミラー無し」では、照度の比が10:3になるほどで、
ミラーの効果は絶大です。ミラーには集光タイプと拡散タイプがあり、同じランプでも集光ミラーを使用した場合は、
細い帯状に光が集められ、そのUV照度は拡散タイプより約2倍強くなるので、一般的なコンベア装置には集光
タイプのミラーが使われます。

下のグラフは1kW(12cm)ランプの例ですが、ランプの長さを越すと照射両端のUV照度が落ちる(均整度が
低くなる) ことが判ります。強いUV照度で均整度を保ちたい場合はランプの長さとワークの幅を合わせると、
高いUV強度と均整度を同時に得ることができます。

弊社CMCFシリーズは、この法則に従って照射有効幅を設定しています。

 

 

<コールドミラー/コールドフィルター> 
弊社コンベアUV装置:「CMCFシリーズ」には、コールドミラーとコールドフィルターを
標準搭載していますので、熱影響を受けやすい繊細なワークにも安心してご使用いただけます。

また、接近した距離からのUV照射も可能になり、ワーク~ランプ間の距離が短縮されれば、
ワークに当たるUV光は強くなるので硬化時間も短縮できます。

コールドミラーは赤外線や可視光線(による熱)を反射せず透過させるので、ワークの熱負担は、
ランプ表面からの直射光による熱だけになります。(ワークへの熱は40~50%軽減されます。)

コールドフィルターをワークとランプの間に入れると、さらに30%程度、温度上昇を防げます。
下のグラフは高圧1000W 光源で10mmの距離で、黒色塗装したステンレス片を照射した際の
温度上昇がアルミミラー、コールドミラー、コールドフィルターでどう変化するかを測定したものです。

その他に、弊社はワークへの熱影響を防ぐ様々なノウハウを蓄積していますので、お客様の
必要に応じたご提案をさせていただきます。冷却用ファンやエアーノズルの追加から、
多灯型の照射炉を独立させて「照射~冷却~照射」することで直線的な温度上昇を防ぐ方法まで、
個々のお客様に最適なかたちをご提案させていただきます。

 

<コンベアベルト>
UV装置からの紫外線により、通常のコンベアベルトは約半年ももたずに劣化してしまいます。
そこにUVランプからの熱も加わると、さらに短期間で通常のコンベアベルトは駄目になります。

そのためコンベア式UV照射装置には、耐熱・耐UV素材のベルトが必要になります。
弊社ではコンベア式UV照射装置の全ラインナップに、耐熱・耐UV・対荷重に優れ、
搬送ワークを傷つけない、テフロン加工ベルトを標準装備しています。(上写真:ブルーのベルト)

また40m/min.といった高速運転用には、お客様からのご指示が無くても、ワーク飛散防止のための
真空吸着機能付き(ON/OFF可能)ベルトを ご提案させていただくなど、経験を活かしてサポートいたします。