紫外線照射で使われる単位をご説明致します。

商品選定のご参考にされてください。

 

nm(ナノメートル)
可視光線波長から電波まで『波のひとつの長さ』を表す際の単位のひとつ
>>参考1「波長と周波数
n(ナノ)は『1.000.000.000分の1(=10億分の1)』の意味。
光線の波長にはnmを使い、例えば主にオゾン生成には185nm、殺菌には254nm、
UV樹脂やUV塗料の硬化乾燥には365nmの波長が主に使われます。*

μ(マイクロ) 1.000.000分の1>1μW=百万分の1ワット

m(ミリ)
    1.000分の1>1mW=千分の1ワット

k(キロ)
   1.000倍  >1kW=1000W>1kWは1mWの百万倍

mW/c㎡
「UV照度」の単位。「UV強度」と表現される場合もある。
「ミリワット・パー・平方センチメートル」と読みます。
UV照射機の選定において、非常に重要なポイントとなる数値。

この「UV照度」に、「時間(単位=秒)」を掛け算して、
「UV照射量(=UV露光量・積算光量)」を計算します。
式にすると>> UV露光量(単位:mJ/平方cm)
= UV照度(単位:mW/平方cm) x 照射時間(単位:秒)

μW/c㎡ 

UV照度の単位。「マイクロワット・パー・平方センチメートル」と読み、
「μW=ミリワットの千分の1単位」になります。
UV殺菌などでは、UV硬化よりはるかに微弱な照射光で殺菌が行われるので、
μW単位の表示がよく使われます。

mJ/c㎡
UV照射での積算照射量を示す単位のひとつ。
Jはジュールと読み、
mJ(ミリジュール)は千分の1ジュール。
「UV照度」に、「時間(単位=秒)」を掛算して、「硬化に必要な光線量(=UV露光量)」
を計算します。

式にすると>> UV露光量(単位:mJ/平方cm)
= UV照度(単位:mW/平方cm) x 照射時間(単位:秒)
読み方は「ミリ・ジュール・パー・平方センチメートル」
最後をセンチメートル・スクエア(CSとも表示)と言う場合も。

UVの単位 

1W/m2 =1000mW/100x100cm2 =0.1mW/cm2 =0,1×1000μW/cm2=100μW/cm2
1mW/cm2 =1000μW/cm2=10W/m2
  


W/㎡
 
UV照度の単位。環境測定(太陽光などのUV照度)でよく使われます。
前項の通分計算のように、mW/c㎡に比べて、10W/㎡=1mW/c㎡と、分数の分子が1ケタ大きく表示されます。
W/㎡を使用しているUV照射装置は、太陽光などの領域か、趣味的なネイル乾燥などの装置で 「波長(何nm)」に注意。