紫外線照射装置 UV照射装置 > 紫外線殺菌装置 オゾン殺菌装置 :表面・空気のオゾン殺菌

   
 

 オゾン殺菌装置 :表面・空気のオゾン殺菌


「HACCP的管理法」
HACCP(ハセップ、ハサップとも呼ぶ)とは、アメリカのNASAが宇宙食のための衛生管理を研究した結果、
「全工程中の、各工程にそれぞれ重要ポイントがあり、そこでの衛生管理を徹底することが殺菌に最も効果的」という
結論に帰結した、それ
軸とする記録・チェックのシステムです。この考え方で一般の製造過程をチェックし、
細菌繁殖リスクのある箇所への対策を考えると、大半は下記ポイントへの対策になります。



(1)そこで働く作業者が運ぶ細菌
汗・唾液(咳・会話によるツバ)の飛散、手・毛髪・衣服・靴から落下する細菌など

(2)作業場所の空気中の細菌

(3)作業場所の床・排水溝から舞い上がる細菌

(4)作業施設内のドアノブ・テーブル・加工台などに付着した細菌

(5)加工・充填装置内で繁殖する細菌

(6)製品パッケージやキャップの裏に付着している細菌や、梱包用の紙箱内から舞い上がる細菌

(7)製品原料に混入した細菌

(8)製品原料保管庫内の細菌

(9)ネズミ・ハエ・ゴキブリなどが運ぶ細菌、または宿主そのものの混入



(1)から(9)への対策[造過程での殺菌・衛生管理に有効な紫外線オゾン]

前項(1)から(9)への対策として、トータルに衛生効果をあげる方法として紫外線オゾン装置の導入があります。
紫外線オゾンとは、紫外線で
生成するオゾン気体のことで、空気中の酸素に紫外線を当てて作ります。
空気中の浮遊菌・落下菌、作業台や床など表面、清掃でブラシ類が届かない箇所などにオゾンが行き渡り
殺菌してくれるため、手軽
で経済的であるにもかかわらず、食品事故発生率を極めて低くすることができます。

オゾン殺菌の具体例として、常温の寒天培地に黄色ブドウ球菌、腸炎ビブリオ菌を塗布し 、
0.1PPMのオゾンに2時間触れさせ、その後に菌を培養しても、増殖数は黄色ブドウ球菌で2〜3以下、
腸炎ビブリオ菌は0 にとどまった実験結果も報告されています。オゾンに触れさせない場合は各3000
といった数値になることが多いため、オゾンにより、極めて高い殺菌効果が得られていることが分かります。


また薬品の散布だとコスト・残留性
が問題になりますが、オゾンは空気が原料で、時間がたてば酸素に戻るので、
エコロジカル・安心です。さらに食品混入物による事故原因の70%を占めるネズミ・害虫はオゾンを嫌うため、
それらが自然と作業場に姿を見せなくなるメリットもあります。


[参考:紫外線オゾン殺菌脱臭装置]

エアー・サニタライザー: 全国的に採用されている製品です。

                 

   エアー・サニタライザーによる空気殺菌試験報告書

   食品工場、厨房での紫外線、オゾンによる食中毒を防ぐ為の殺菌試験報告

   試験装置 : UVオゾン室内殺菌脱臭装置 110W×1基
   試験目的 : 装置稼動前後の室内菌数調査によるオゾン殺菌効果
   試験場所 : N社厨房
   試験期間 : 1997/09/19〜10/15

 

1.細菌殺菌実験

菌検査はM環境研究所(愛知県知事登録検査所)が実施。
測定地点は5箇所。菌数は10平方センチメートル当りの値。

測定地点 菌種 設置前 設置後
1週間後 2週間後 3週間後
No.1 一般細菌 754.0 15 4 0
大腸菌 1.0 0 0 0
No.2 一般細菌 814.3 1 11 0
大腸菌 16.7 0 0 0
No.3 一般細菌 57.7 180 90 12
大腸菌 8.3 45 0 0
No.4 一般細菌 47.7 1 9 0
大腸菌 17.0 0 3 0
No.5 一般細菌 4.7 0 14 4
大腸菌 41.3 0 0 0


2.エアー・サニタライザー運転後

運転開始日 9/25, 試験日10/1, 10/8, 10/15、
試料採取時間:厨房仕込前 AM8:00
菌数は日ごとに低下、大腸菌群は一週間で陰性になり、
最終日には測定した5ヶ所全てが0/10cm2を示した。
最終日の一般細菌数は、2ヶ所で12/10cm2、4/10cm2、
残り3ヶ所は0/10cm2と、オゾンの大きな効果が示された。

3.考察

5ポイントの平均で評価すると、一般細菌は20日間の稼動で99%減少し、
大腸菌群は一週間で陰性になり、20日後は検出されなかった。
オゾンを環境衛生に使う時は濃度を0.5ppm以上に設定することが望ましい。
作業が始まると作業者が外部から細菌を持ち込むので、試料採取は作業開始前に行った。
(当装置は無人時に全自動タイマーでオゾン殺菌、作業者の在室時に紫外線殺菌*を行います。)


*最新の装置は、在室時に紫外線だけでなく、安全濃度のオゾンガスも出せるようになっています。

 

                                               写真で選べる製品ガイド 紫外線照射装置・UV照射装置 カタログページ

 
 
紫外線照射装置・UV照射装置 紫外線の技術と装置のマリオネットワーク INDEXへ戻る

 

 

 



紫外線照射装置 UV照射装置のマリオネットワーク 連絡先 :環境事業部門  お問合せ・連絡先:有限会社マリオネットワーク 環境事業部門

紫外線照射装置、UV照射装置のマリオネットワーク tel: 045-543-9437

メール catch@m-n-w.com

紫外線照射装置 UV照射装置 紫外線のマリオネットワーク・TOPページへ

UV装置 紫外線照射技術を応用した 紫外線照射装置カタログ・ぺージへ
 UV硬化装置 コンベア付き:紫外線照射装置/UV照射装置 UV硬化装置:UV照射装置 ハンディ100W UV洗浄/UV改質装置:卓上型紫外線照射装置 UV硬化装置/卓上型UV硬化装置:UV照射装置 UV硬化装置:UV照射ユニット 紫外線殺菌装置 UV殺菌 コンベア:紫外線照射装置  紫外線殺菌装置/UV殺菌装置:紫外線照射装置

| マリオネットワーク ホーム | UV洗浄・改質概論 | 紫外線波長 |  紫外線照射装置  | 会社案内 | SUV/EUVランプ  

Copyright©2001-2017 Marionetwork All Rights Reserved.