水処理>光酸化法/促進酸化法(AOP)による水処理

紫外線照射装置 UV照射装置のマリオネットワーク:ロゴ

紫外線照射装置 UV照射装置のマリオネットワーク:イメージ
 


[光酸化水処理]




プール施設への光酸化法の導入

プール壁や床のタイルに生じるヌルヌルしたスライムを構成する成分の90%以上は微生物で、また水の透明度を悪くする原因の一つに、
細菌の死骸の蓄積があります。これらの原因を光酸化法は除くので、保守管理のエネルギーや補給水の削減にも寄与します。
光酸化法を利用したプール用水浄化システムでは濾過と塩素消毒に、光酸化反応槽と光活性反応槽(RAC)を加えます。
光酸化循環ラインへは主循環ラインから20%の水量を分岐して流し、遊泳条件あるいは目標水質により適当に増減させます。
オーバーフロー・システムを加えると、補給
水量は一段と節約できます。この方式ではプールの水を、紫外線・オゾンおよび滅菌用塩素も
酸化剤として活用して処理します。オゾンはUVランプで作り、そのオゾンと水中の塩素を活性化して水を浄化するヒドロキシラジカル等の
ラジカルを作ります。オゾン単独でプールの水を処理する場合、水中のオゾン濃度を0.4PPM、接触時間は4分以上必要ですが、紫外線
はオゾンの反応時間を10〜104倍加速します。光酸化反応槽に続くRACでは、活性炭がUZONから漏れてくる有機性汚濁物をトラップ
して、それにラジカルがアタックして分解します。




参考:紫外線応用による水処理の歴史

1940年にGE社他で紫外線による水処理(殺菌)の実用機が開発され、そこを起点にUV技術の応用が始まり、
国内では70年代に入り、東レ鰍ェ塩素と紫外線を併用するAOP処理技術装置の商品化に成功しました。
画期的で優秀な装置でしたが、光源が高圧水銀ランプであったため電力効率が悪く、営業的には普及しませんでした。
その後、神奈川県工業試験場が染色排水の処理にオゾンと紫外線を併用するAOP技術を開発しましたが、これも
コスト面で実用化には至りませんでした。 (財)造水促進センターが1985年に、当時、汚濁の著しかった多摩川の水を
促進酸化法で浄化して工業用水を得る技術を開発し、光源には高圧水銀ランプより低圧水銀ランプの方が電力消費量の
点で有効であることを実証しました。しかし当時は工業用水が供給過剰状態でしたので、実用化には至りませんでした。

1986年に世界で初めてオランダのアムステルダムで「Ozone+Ultraviolet Water Treatment」のタイトルで、
オゾン併用処理を中心としたAOP技術の国際会議が開催され、 1989年にはベルリンで同種の会議が開催されました。
両会議とも基礎的なものが主でしたが、数多くの発表がなされ、AOP技術に対する認識向上に寄与しました。
最近では、2004年に東京において「紫外線の水処理応用」のタイトルで国際会議が開かれ、殺菌技術が主でしたが
AOP技術についても実用的な発表があり、世界各国でその実用化が進んでいることが認識されることとなりました。





光酸化・促進酸化水処理TOPへ戻る  紫外線照射装置/UV照射装置 カタログページへ  紫外線照射装置/UV照射装置のマリオネットワーク:トップページへ


   お問い合わせ/連絡先
  有限会社マリオネットワーク 環境事業部門
  電話 045−543-9437 
  
Eメール:catch@m-n-w.com
      

Copyright©2001-2018 Marionetwork All Rights Reserved.